Hex-ArmorプロテクティブエプロンAP361

09

10

素材:ポリエステル スーパーファブリック®
設定サイズ:フリー
特徴:軽量かつ通気性の良い防護エプロン。スーパーファブリック®を腹部に2重配置して防護性能を向上。太もも部分まで保護するローハイドタイプです。
注意:次亜塩素酸での漂白は出来ません。
 
 
 
<スーパーファブリックとは>
ASTM(米国材料試験協会)・ISEA(国際安全用具協会)のテストでは耐切創において最高レベルを獲得し、「第3の素材」と呼ばれるようになった、アメリカ特許取得済みの新素材です。
切創はもちろん、突刺・磨耗にも強く、さらに耐久性・軽量性・柔軟性を追求しており、現在ではカー・バイク用品や軍事用品といった 危険から身を守るための道具に数多く採用されています。
 
 
 
<耐切創用保護具について>
刃物を使用してのカッティングや裁割作業、スライサーの手入れ等による事故からの負担を軽減又は防止する目的で使用します。ご使用用途やご使用環境に合わせて、正しいアイテムを選定してください。
 
1.カットレベルで選ぶ
EU規格カットレベル:切創試験方法EU388で5段階に評価されております。カットレベルが5に近づく程強度が上がります。
 

 
2.素材特性で選ぶ
耐切創用手袋の素材は金属・特殊樹脂・繊維に大別されます。また、繊維の中でアラミド繊維(ケブラー)、超高強力ポリエチレン(ダイニーマ、スペクトラ、ツヌーガ)に分かれます。手指を自由に動かせるには繊維製の製品をお選び下さい。
 
※繊維ごとの特性
・アラミド繊維:耐熱性に優れた耐切創強度を持つ繊維です。自動車産業や鉄鋼産業などで使用されております。耐オゾン性・耐洗濯性(紡績糸の場合)には限界が早く、とりわけ次亜塩素酸には耐性が無い為、食品加工業にはあまり適してはおりません。
 
・超高強力ポリエチレン:ポリエチレンの分子配列に指向性を持たせる事により、表面の弾性力を高めた素材です。耐薬品性・耐オゾン性に優れるため、次亜塩素酸による消毒や一般環境での放置でも劣化を起こしません。また、長繊維の為発塵性も無く、クリーンルーム内でも使用が可能な商品がございます。耐熱性に劣るため、直火や高温を伴う作業、高温での乾燥には不向きです。

この商品のカテゴリー: ,